大日本アガ株式会社
アガれ。

SCROLL

大日本アガでの日々は、「アガる」瞬間に満ちている。大いなる志を持つあなたに、体感してほしい。

大事を成して、アガで、アガれ。

DAINIHON AGA Inc. RECRUIT

DAINIHON AGA Inc. RECRUIT

大日本アガでの日々は、「アガる」瞬間に満ちている。大いなる志を持つあなたに、体感してほしい。

大事を成して、アガで、アガれ。

INDEX

あなたは、
何を達成して“アガりたい”?

「社会のニーズに応え続ける会社」としての、矜持と野心がアガの原動力。
私たちと一緒に、人生を懸けて何事かを成し遂げたいと思いませんか?

未来と向き合うあなたの、活躍の場所はここにあります。

GET TO KNOW ABOUT AGA.

大日本アガ 100年の歩み

20世紀初頭から着実に成長し続けてきた大日本アガは、現在、改革期にあります。壮大な歴史と確かな実績を後ろ盾に、新たな事業、新たな体制で、さらなる発展を目指しています。

創業・変革期 創業・変革期

1912 - 1980年代

一企業の大志が、
社会の発展に直結した時代。

1912年、合資会社大日本アガ瓦斯製造所を設立。海外の技術に依存していたアセチレンガスの充填機械と容器を日本で最初に製造・販売。

1930年代、その技術力が旧帝国海軍の目にとまり、信号燈の開発・製造を一任される。第二次世界大戦後は、GHQの要請で終戦から20日後にはアセチレンガスの供給を開始し、日本の復興の一助をなす。

好景気に沸いた1950年代には、当時普及が始まっていた家庭用プロパンガスをはじめ、さまざまなガスの製造販売に着手。1970年にかけて、高度経済成長へ突き進む日本の産業を支え続けた。

成長期 成長期

1990 - 2010年代

多様化する社会のニーズに
組織力と発想力で応え続けて。

1990年代には、異分野への販路拡大を期して開発部を設置。バルーンや潜水器具を扱う「アゲイン」をオープン。

2000年代は、自社工場や配送センターを大府に集約するなど合理化施策を推進。また、数々の実用新案を取得し業務の効率化を図るなど、歩みを止めることなく成長を続ける。関連会社をグループ化し、組織力の強化を実施。

2012年、創業100周年を迎える。次の100年の発展を鑑み、社名を「大日本アガ株式会社」に変更。

改革期 改革期

2021-

今も未来も働きやすい環境へ。
新たな100年の土台づくり。

2021年、会社と社員の将来を見据え、企業型確定拠出年金制度を導入。

2022年4月、鋤柄雄紀が代表取締役に就任。社員のモチベーション向上を図る体制づくりや、業績に応じた賃金の最適化を実施。企業のソフト面における整備に着手する。

DX推進室を発足。社内のDXを促進し業務の効率化、生産性の向上を目指す。

2023年、本社社屋を新築。働きやすい職場環境の実現を進める。

データでひもとく大日本アガ

大日本アガには、知ってほしい数字がたくさんあります。ビジネスの規模から、みなさんの生活に関わることまで、あらゆる角度でアガのことを見極めてください。

年間昇給回数1回 平均昇給率3.8%※1 取引先1705件※2 代表取締役の生まれ年1991 国内アセチレンガス工場数 全国26分のアガ1※2 年間昇与回数2回 売上高00億円20XX年度 社員の有給取得率76.26%※3 平均残業時間 総合職3.4時間※3 製造職1.2時間※3 年間昇給回数1回 平均昇給率3.8%※1 取引先1705件※2 代表取締役の生まれ年1991 国内アセチレンガス工場数 全国26分のアガ1※2 年間昇与回数2回 売上高00億円20XX年度 社員の有給取得率76.26%※3 平均残業時間 総合職3.4時間※3 製造職1.2時間※3

※1 2023年6月実績
 ※2 2023年現在
 ※3 2022年度実績

LET'S SEE AND KNOW, WHAT IS AGA?

画像でわかる大日本アガの組織

私たちの仕事は、複数の部署との連携で成り立っています。それぞれの部署は、他には替えられない役割を担い、個性豊かな組織を形成しています。特色あふれる写真とともに、業務内容をご紹介しましょう。

  • 業務の起点を創出する
    営業部
    産業用ガスの販売と、設備導入の提案が主な仕事。長いお付き合いのあるお客様からのご信頼に誠心誠意応えながら、良好な関係を維持しています。
  • 部署間や企業間の架け橋になる
    物流部
    お客様のニーズに合わせた安定供給を実現するため、緻密で正確な入出荷管理を担います。期日通りに、円滑に納品するために、製造部や技術部と連携して動きます。
  • 業務の中核を担う
    製造部
    さまざまな産業用ガスを、安全かつ効率的に製造します。品質管理、安全確保を実施しながら、ガスのスペシャリストが整然と業務を遂行します。
  • 顧客のインフラを構築する
    技術部
    産業用ガスを安全にご使用いただけるよう、お客様の環境や目的に合わせて配管・施工を実施。お客様の物づくりを支えています。
  • アガの今と未来を支える
    管理部
    経理や人事など会社を内側から支える業務を担います。同時に、会社の将来的な経営計画も視野に入れ、組織として発展していく道すじを探る役割も担っていきます。

ある日のタイムスケジュール

先輩社員の平均的な1日をご紹介します。基本的には社員の自主性に任されているため、全社員で行う朝礼などはありません。部署ごとに効率よく動き、残業が発生しない工夫がなされています。

  • 営業部
    2021年入社
    8:00 出社
    8:10 書類作成・メール対応
    9:00 得意先へ移動
    10:00 商談
    11:30 会社へ移動
    12:00 ランチ
    13:00 オンラインで打ち合わせ
    14:00 移動
    15:00 商談
    16:00 直帰
    16:30 自宅にて書類作成・メール対応
    17:00 業務終了
  • 製造部
    2022年入社
    8:00 出社
    8:05 作業開始
    10:00 休憩
    10:10 作業再開
       
    12:00 ランチ
    13:00 打ち合わせ
    14:00 作業開始
    15:00 休憩
    15:10 作業再開
    16:30 明日の準備
    17:00 退社
  • 技術部
    2022年入社
    8:00 出社・客先へ出発
    9:00 客先にて現地打ち合わせ
    10:00 客先より帰社
    11:00 機械・材料選定
       
    12:00 ランチ
    13:00 機械・材料選定
    14:00 メーカーへ納期・原価を確認、
    見積り依頼
    15:00 客先用見積り作成
    16:00 CAD図作成
    17:00 退社

FEEL THE SPIRIT OF AGA.

社員からのメッセージ

自分の意思を持ち、自ら考えることができるあなた、
私たちと一緒に会社を改革して、アガる瞬間を共有しよう。

入社のきっかけは社長の存在です。面接のときに、会社に関する私の疑問をすべて解消してくれました。この社長となら、同じ目線でがんばれそうだと思ったのが決め手でしたね。
また、産業用ガスメーカーとしての矜持を持ちつつ、新たな事業展開を図っているのが魅力的に感じられました。DX推進も、業界の先陣を切っていましたね。

歴史のある会社でも、時代に即した変化は必要だと思います。入社する皆さんは、会社の将来を決定づけていく存在ですから、それぞれの立ち位置で、自発的に考えることが求められます。この会社は、新しいアイデアや提案を受け入れる態勢ができていますから、積極的な姿勢で挑戦してみてください。先輩方は産業用ガスのプロフェッショナルばかりで、いつでもサポートしてくれますよ。

今、私はDX推進室で社内のDXを進めています。この会社は、働き方も含め、選択肢の豊かな社風になっていきます。この進化を一緒に味わい、アガる体験をしましょう!

DX推進室 竹内さん
2022年入社

アガのこんなところも好き!

代表取締役からのメッセージ

求めるのは、個の力。
自分で考え、自分で動く力のある人。
あなたの存在が、会社の進化を後押しする可能性に期待します。

大日本アガは、今この瞬間も進化を続けています。今後、さらに強固な組織として成長し、有機的に活動するために、社員ひとりひとりの自主性や向上心が必要です。
また、長期的な目標として、この会社を業界内でもっとも働きやすい会社にしたいと考えています。そうすることで優れたメンバーを集め、事業の幅をさらに拡大し、業界において唯一無二の存在になろうと考えています。

いくつものチャレンジが同時進行するなか、新しいメンバーには、個として力強くあってほしいと思います。会社にとって、自分がいかに必要な人材かを思い知らせてやろう、というくらいの気概を持って臨んでください。

ただ、今のあなたは完成形でなくてかまいません。入社後に成長することを心がけてください。そのためのバックアップは惜しみません。会社として万全の態勢を整え、皆さんを迎えたいと思っています。

鋤柄 雄紀
代表取締役
BACK TO TOP BACK TO TOP